サイト構築のためのシステム設計及び仕様書のご相談・設計支援に応じます。

システム設計(上流)

上流工程とは、業務分析(問題分析・機能分析)、要件定義(要求分析)、概要設計(新システム基本構想)を指します。見積や発注をする際に必要となるものですが、こられを準備しないまま発注する企業もあり、その場合にはユーザの業務について門外漢のシステム開発会社のスタッフで設計を行うことから、開発費の高騰や追加発注、手直し作業の増加などが発生しやすくなります。

特に業務知識のない分野への進出や、初めてインターネットビジネスを始められるお客様の場合は、この工程をきちんと調査&整備し、後々のトラブルを防止する必要があります。

  ・お客様(ユーザー)の要求の正確な把握と記述化
  ・業務プロセスの正確な把握と記述化
  ・シンプルで運用管理がしやすい設計
  ・情報の一元化と適正なデータ管理のしくみ
  ・セキュリティやシステム開発規模・スケジュールの適正化

システム仕様書制作

業務分析から要件定義を終えシステム開発に入る段階で、システムの各種取り決め事をまとめた設計書類が必要となります。これを通常、ユーザ側の仕様書(設計書、あるいは開発依頼書RFP)と呼びます。

見積や発注をする際だけでなく、機能テストやトラブル対策などにも必要となる重要書類ですが、小規模な開発では、きちんとドキュメントを整備しないまま発注し(ドキュメント制作費が計上されない場合もある)、後に更新作業や担当者の入れ替え、追加発注の際などに問題となることがあります。

システムの開発には多額の費用が必要となります。会社にもよりますが、再三お願いしても詳細な見積を出さなかったりトラブル対応に問題の多い場合、別の会社に乗り換えるのは大変有効な手段です。しかし、設計書類がないためスムーズに会社を移管できない場合も見受けられます。

また、機能の向上や改良をしたくても、ドキュメントが整備されていないためにシステムが不透明で、より技術力のある会社をその時点で自由に選べないなど支障もあります。(この場合、わざと書類を整備せず、システム開発の受託を維持している場合も考えられます。)

現場担当者と違って、実務経験に疎い経営者はドキュメントの重要性を見落としがちです。後々、苦労しないためにも書類はきちんと整備しておきたいものです。



top