写真のネット利用

ウェブ制作に欠かせない写真素材。たくさんの写真を使うほど魅力は増しますが、その分、ファイルの読み込みに時間がかかるようになります。

閲覧する利用者が快適に商品を選んだり、待ち時間が増大しないように、適度なサイズに加工し展示枚数も抑える必要が出てきます。

写真の品質

写真は、撮影機材(カメラやレンズ)・撮影者(フォトグラファー)・現像加工作業者(WEB制作者)によって、品質と見栄えに大きな差が出ます。当社は一貫作業が可能で、納期の短縮と高い品質を保つことが可能です。

デジタルカメラが普及し、誰でも気軽に撮影が出きるようになりましたが、それでもプロとアマの差はかなりあります。お客様が撮影した写真を提供される場合もありますが、プロが撮影した写真に比べるとやはり見劣りし、商品のPRに逆効果になるケースも見受けられます。

モニターで見る写真

印刷と違いウェブサイトでは大きな画像を必要とすることがあまりありません。また、紙面に比べモニター画面で見る違いや、写真のサイズにより画質に対する要求度も高くないこともあります。

しかし、掲載する写真素材は、高品質で色や構図などにバラつきが無いなほうが、最終的に見栄えが良くなります。

撮影から仕上げまで

(通常)
撮影 → 納品 → 現像 → 加工 → 掲載

担当者や作業者が分かれ、間に別会社が入るので、納期は遅くなり、連絡時間や経費もかかります

 

(当社)
撮影・現像・加工・掲載

すべての作業が行えるので、納期を短縮出来、即応が可能です

素材の品質

ウェブサイト(ホームページ)に掲載する写真画像は、オリジナルでの撮影も可能です。品質を下記サイトでご確認ください。リーズナブルな価格で撮影を承ります、是非ご相談下さい。

サンプル写真(専用サイトにジャンプします) ※写真をクリック

素材集のサイト

制作会社では、通常下記のような著作権フリーの素材を使用することが多いのですが、そのため写真が重なる場合があります。
写真を印刷物にも利用したい場合には、写真素材の品質(解像度やサイズ)が足りなかったり、二次使用の禁止・追加料金が必要になる場合があります。無料で素材を提供しているサイトでも、商用サイトでは利用料を徴収したり、利用できない場合があります。
※オリジナルの撮影では、このような心配が一切不要になります。

素材辞典ドットコム(プロ用使用権フリー素材 データクラフト)
imagenavi(データクラフト)
ジーアンドイー(G&E)各社素材のネット販売
マイザ、写真素材集「MIXAイメージライブラリー」(大日本スクリーン製造)

top