サンプル(1)



(視覚的効果)
表紙にインパクトある画像を配置。情報量が多いので、各々枠を作り区別した。更に、見た目で飽きないよう同じような形を出来るだけ避けた。

※ブラッシュアップ:【brushup】 意味:磨きをかける



サンプル(2)


表紙
概要
グラフ1
地図&グラフ2(立体)

(視覚的効果)
コンサルタント会社ということで、表紙に洗練された都会のイメージを持ってくる。また、コーポレートカラーの青色系を使い、引き締まる統一感を出した。数値グラフが複数あるので、同じような形式のグラフを避けた。


サンプル(3)


表紙
ニューズ
研究所概要


(視覚的効果)
研究所の堅いイメージを少し和らげて、明るいイメージを表紙に持ってきた。ニューズ欄の行頭項目を研究所のマークにして、項目別に興味を引きつけた。研究所概要の地図をバージョンアップした。

※慣れれば、手書きの文字や画像からでも簡単に作成可能です。一度、PowerPointデータとして仕上げておけば後は保存して、必要な箇所だけ生データに手直しするだけですみます。


サンプル(4)


webアニメーション作成ツールとして有名なFlashを使っても、プレゼンテーションが可能です。ただ、ソフトの使いこなしがPowerPointなどの専用ソフトと比べて難かしく、慣れるまでに時間がかかります。

Flashの特徴として、印刷機能やページ移動などのインタラクティブなボタンを組込んだり、プログラム処理したり、動画や音声などを組み込むことが可能です。表現性が格段に高く、よりスマートな印象を受けます。 またファイルサイズが驚くほど軽く、外部ファイル(画像やテキスト)を扱えるようになり、 今後需要がますます拡大していくと考えられます。

top