designsiteレイアウト配色CSSモーションリファレンス基本料金

CSSへの移行

ウェブサイトの制作は、日々進化しています。HTML(XHTML)の文書構造とデザインの分離といった分業化によるメリットや、サイトの更新が容易なことから、CSSを多用したサイト構築が普通に見られるようになってきています。また、使用範囲も文字や配色設定部分だけでなく、レイアウトや画像といったデザインを全てCSSでコントロールしているサイトも出てきています。



メリット

従来、テーブル機能を使って画像を配置しデザインを表現することが多くありました。しかし動的なページを作る場合に、テーブルで作ったページはソースコードが複雑になってしまいプログラムを組み込み難いといった制作側の問題がありました。
CSSを使えば、デザイン部分の設定は外部ファイル化できるので、ソースコードが簡単・簡潔になります。
プログラムが組み込みやすくなるので、開発期間の短縮化が可能となり、期間の短縮はそのまま経費削減にもつながるといった副次効果も生まれます。
また、テキスト文字を背景画像との組み合わせで見栄え良く出来ることから、SEO・SEM対策に有効な手段として認知されつつあり、下記のような大手のサイトでも導入が進んでいます。


ブラウザによっては切り替え機能もあるので、ユーザが好みのデザインで閲覧することも可能になります。

サンプル

ご覧になっていただいているこのサイトでは、テーブルを必要最低限の使用にとどめ、デザインのほとんどをCSSでコントロールしています。CSS大幅導入のメリットとして、複数のページのレイアウト・配色変更が短時間で済むようになっています。